婚活において理想の相手と結婚相手の違いとは?

婚活
マスクdeお見合い

私は40代のサラリーマンです。
昔から結婚するなら大人しくて優しい癒し系の女性だと考えていました。
しかし、結婚した相手はそれとは真逆のタイプの女性でした・・・

清楚な女性に憧れていた

昔から好きになる人は、活発でおしゃべりな女性よりも、物静かで読書を趣味としているような女性ばかり。

子供の頃から、結婚したら私が何も言わずとも家の用事は全てしてくれ、全て尽くしてくれるような女性と一緒に暮らしているイメージを持っていました。

しかし、理想の女性との出会いや交際というものは中々難しいもので、恋愛はいつも妥協の連続でした。
そんなこんなで気が付けばもう20代後半。
やはり理想は理想で、何事も妥協が必要なのかもなと半ば諦めかけていました。
そんなある日。パート職員として20代後半の女性Aさんが入職してくる事になりました。
Aさんは色が白く、黒髪ロングの清楚系。顔も可愛らしく、性格もおっとりとした大人しい方で、見た瞬間から稲妻に打たれたような衝撃を覚えました。

好きなのに話し掛ける勇気が無い

人生で初めて一目惚れをしてしまい、こんな素敵な女性はこの先も現れないだろうなと感じていました。

パート勤務なので、結婚しているかもしれないと心配しましたが、他の人と雑談している内容を聞くとそうではなく、パート勤務から正職員を目指しているとの事でした。

とりあえずホッと一安心でしたが、なかなか話し掛けるきっかけが掴めず、いつも挨拶程度でしか会話がありませんでした。

仕事以外でも家が近いのか、道でばったり会う事もあったのですが、その時も挨拶程度で終わってしまい、いつも決定的チャンスを逃していました。

そうこうしている内に、同じ場所の男性職員がAさんに親しげに話すようになり、このままでは他の男性に取られてしまうと焦るようになりました。

チャンスは突然訪れた

話しかけられないまま数ヶ月が経ったある日。

同じ場所の20代半ばの女性、Bさんから飲みに行かない?と誘われました。

Bさんはショートカットの体育会系で、性格と男っぽい感じで、私の理想とは真逆のタイプ。

普段から女性とは見ておらず、男友達と飲みに行くような感覚でお誘いを受け、1週間後の仕事終わりに男2人女2人で飲み会をする事にしました。

女性2人と言ってもBさんと同じ部署の30代後半の女性。

恋愛対象にはなり得ないメンバーだったので、男友達と騒ぐ間隔で臨む事にしました。

そして、飲み会当日。

職場の同僚と飲み屋さんに向かうと、そこに待っていたのはBさんとAさんでした。

私は何がどうなっているのか大パニック。

とりあえずどう言った事情なのかBさんから事情を聞く事にしました。

婚活のキューピッドに感謝

Bさんによると、もう1人の女性が急遽キャンセルになった為、Aさんに声を掛けたとの事。

Bさんのファインプレーおかげで、Aさんと話が出来る事になり、この飲み会が最大のチャンスだと感じました。

月額 イラスト

そして、飲み会スタート。

まだまだ緊張がほぐれない私は、最初から飛ばし気味でお酒を投入し、Aさんと話せる状態に持って行きました。

お酒のノリで会話は弾み、さりげなく彼氏がいないという情報もゲット。

その内、私がAさんに気がある事に気付いたBさんが「2人ともフリーだったら一緒に遊びに行ったら?お似合いだと思うよ。」とアシストしてくれました。

Bさんって本当に気が付くいい女性だなと大感激。

おかげでメアドの交換に成功し、デートをする約束までこぎつける事が出来ました。

憧れと現実。

Aさんとは、2週間後に映画デートをする事になりました。

私は飲み会後、Bさんに感謝のメールを送ると、「本当にお似合いだと思うよ。私が恋のキューピッドになってあげる。」と協力してくれる事になりました。

それからは、Aさんとメールをしつつ、Bさんにもデート時のアドバイスを相談。

そして、デート当日。

ついに憧れのAさんとデート出来るとワクワクしながら待ち合わせ場所に向かいました。

先に待っていたAさんの可愛さを再確認し、胸はドキドキ。

デートでは映画を楽しんだ後、食事をしたり買い物をしたりしました。

しかし、あれほど憧れだったはずのAさんなのにどこか居心地が悪い感じがしました。

まだ会ったばかりだからとは思いましたが、なぜか私の頭の中にはBさんの存在が消えずにいました。

自分に正直になる事にした

デート自体は成功でしたが、Aさんと話しているよりも、Bさんと話をしている時の方が、自然体でいられる事に気が付きました。

「このままAさんと付き合って幸せになれるのか?自分に必要なのはBさんなのではないか。」という考えが頭を支配するようになりました。

Aさんをその気にさせてしまった事は申し訳なかったのですが、自分に嘘はつけないと思い、Bさんに胸の内を打ち明けました。

するとBさんは「本当は私もあなたの事好きだったんだよ。辛い思いしてたけど、そう言ってくれて嬉しい。」と言ってくれました。

それからはBさんとの交際がスタート。

よく喧嘩もしますが、相性が良いのかすぐ仲直り。

日に日に絆が深くなっていく感じが良くわかり、数年間の交際を重ねてゴールインしました。

本当に好きな人

今回の経験をして、恋愛と結婚は全く別だなと感じました。

大切なのは相性。

もし、あのままAさんと交際して結婚していたとしても、どこかギクシャクして、結局いい方向にはいかなかったんじゃないかと思っています。

やはり一緒にいて自然体でいられる人でないと、結婚は長続きは難しいのではないかと個人的に思います。

正直、今でもテレビに出てくる芸能人を見てるとやっぱり好きなのは大人しいおしとやかなタイプ。

でもいつも横にいる彼女の自然体の姿を見ていると、本当にこの人と結婚出来て良かったなと感じています。

コメント