アラフォー主婦の忘れなれない、大好きな大好きな人①

恋愛

わたしは、40代アラフォーの主婦です。

 

今は、家族四人仲良く平凡な日常を送っています。

 

これから、私が経験してきた恋愛の中で

一番大切だった時期、

10代の頃の私の恋愛話をご紹介したいと思います。

 

20年以上たった今でも

忘れなれない、大好きな大好きな人でした。

まだ16歳の高校生の時のわたし

わたしは、高校に入学すると

すぐにアルバイト始めました。

 

私の通っている高校は、私立の高校だったので

家庭の事情で金銭的にも余裕がないので

働くことにしたのです。

 

中学の友達もそのバイト先で

働いていたのでいいかなと軽い感じで

スーパーのレジのアルバイトです。

 

学校帰りに16時から20時までバイトしてました。

 

そこでは、他の高校生の男子のも

アルバイトをしていたのです。

 

そのバイト先で出会って一人の男の子のことを

気になり始めたのです。

 

そのころは、私も16歳。

 

恋をしたいお年頃だったのでしょう。

 

お付き合いは無かったのですが、

バイトが終わって2人で夜の公園で

いろんな話をしていました。

 

どういう子がタイプだとか、

学校生活のこと、

友だちのことなど話したように記憶に残っています。

 

ただ、異性と話すだけでも楽しかった、

満足していた私だったのです。

 

それ以前は、異性と話す機会もなかったので、

もしかしたら、それを

無理やり結び付けていたのかもしれません。

 

高校を卒業して大学生になった 19歳のわたし①

高校を卒業して、大学生になりました。

 

高校生とは違い、時間もたくさんあり、友だちは彼氏の話題をいっぱいでした。

 

わたしは、ある夏に海で友達と一緒にいるところで

20歳の男性のナンパされました。

 

最初は、暗くてよく顔がわからない状態でしたが、

よく見たからかなり私のタイプの顔で、

話していることがとても面白いのです。

 

今まで、

出会ったことのない男性

でした。

 

私は、”この人だ!”と思いました。

 

衝撃的なのは今でも覚えています。

 

それから、電話番号の交換をして

毎日連絡をくれました。

 

その頃は、まだ携帯の普及していない時代なので

自宅の電話でのやりとりだったのです。

 

どうでもよい話を延々と彼がしていて、

私はただ聞いているだけの状態だったのですが

その話が面白くて、面白くていいなと思ったのです。

 

ある時、彼と彼の友達と私と私の友達の4人で

遊ぶことになりました。

 

カラオケにいったり、

飲みにいったりしてとても楽しかったです。

 

とにかく、彼に夢中でした。

 

アラフォー主婦の忘れなれない、大好きな大好きな人②』へ続く…