[恋愛話]25歳まで彼氏ナシだけどブレない心を持つ

恋愛

私は25歳まで彼氏ができたことがありませんでした。

女子校に通っていたわけでもないので、今までに告白された経験はありますが、告白されると今まで普通に友達として接していた人のことが嫌いになってしまいます。

そんな私の恋愛話を聞いて下さい。

小さなモテ期と告白恐怖症

これは高校生の時の話です。

高校生にもなると周りの友達には彼氏が続々とでき、恋愛話が飛び交っていましたが、今までに彼氏がいた事がなかった私。

彼氏がいる事の楽しさや喜びを知らなかったので、その当時から特に彼氏が欲しいと思った事はありませんでした。

しかし、人生に何度か訪れるというモテ期が当時、高校生だった私にも訪れました。

その時私は軽音楽部に所属しバンドを組んでいました。

女子3名男子2名の仲の良いメンバーで毎日楽しく活動していました。

文化祭ではライブをしたという事もあり、顔も名前も知らない人から突然告白されたのですが、その度喜ぶどころかなぜか怖くなってお断りをしていました。

そして、バンドのあるあるだと思いますが、ある日メンバー内の男子が女子メンバーの一人へ告白をしました。

彼女はその人に対し恋愛感情が全く無かったので、付き合う事はなくそのままなにごとも無かったかの様に過ごしていました。

数ヶ月が経ったある日、今度は私に告白をしてきました。

私もそも人に特別な感情を持った事は無かったので告白された時は戸惑い、なぜかその人の事が大嫌いになってしまいました。

しかし、部活に支障をきたすわけにもいかないので、なんとかその事はできるだけ考えずに1年くらい過ごしてきました。

その間その男子メンバーは他の女の子に告白して付き合ったり別れたりを繰り返していました。

他の女の子に目がいってくれたと思い私はすっかり安心していましたが、なんの前触れもなくある日から遊びの誘いメールが来るようになりました。

その時私は受験シーズン真っ只中だったのでそれを口実に断り続けていたら、ある日、「1年も君の事を待ったのに何でダメなんだ」と言われました。

…..待った?私は待たせたつもりもなければ、一回目に告白された時にしっかりと断った。

それにその間その人は他の人と付き合っていたはずなのに、なぜ逆ギレめいた事を言われなければならないんだとキョトンとしてしまいました。

そしてこれは私の恋愛への小さなトラウマとなりました。

25歳まで彼氏ができたこと

転職と憧れの社内恋愛

社会人になり、サークル活動や習い事もしてない私には増す増す出会いなどなく、24歳になっても彼氏はできませんでした。

しかし、当時転職先に頑張ってるけどモテないという男性社員がいました。

それを面白がる周りの先輩社員は、新入社員や転職者が来る度に誰彼構わずその人とくっ付けようとします。

その度にその男性は疑いもなく周りに乗せられ、その気になり、入って来る新人に告白をしてしまいます。

そして私もそのターゲットとなり、その人から連絡先を聞かれたり、食事への誘いが来るようになりました。

彼氏がいた事もない私でしたが、好きでもない人に好意を持たれる事がなぜか怖くて、お誘いがある度にお断りをしていました。

会社の飲み会の時には先輩のおじさん社員から、彼氏いるの?とか好きなタイプは?など聞かれれば、実際には彼氏なんていないのに皆んなに聞こえる様に「はい、います」と答え、タイプはその人と正反対の事を答えていました。

しかし、彼には伝わっていなかったのか、その後も彼のお誘いは止まらなかったのでこちらも彼氏いますアピールをしようと思い、次の日から右手の薬指に指輪をつける様にしました。

そして数日たったある日、彼の仲の良い男性社員から確認の様に、今付き合ってる人がいるか聞かれ、待ってました!とばかりに「はい、います!」と答えました。

それからはもう彼からのお誘いはなくなりましたが、それと同時に入社して早々社内恋愛という未来もなくなりました。

20代後半とその友達

普段私は4人の女友達と遊んでいます。

やはり仲の良い友達はどこか似ていて、20代後半になっても誰一人として彼氏がいませんでした。

いつもお茶をしながら妄想でこんな出会いがあればとか、どこに行ったらいい人に出会えるのとか、そうしたら好きな人ができるのかとか、彼氏ができたら何をしたらいいのか?とか毎回いつまででも話していました。

そんな中、4人中2人は合コンや街コンに行き始め、恋愛活動を本格的に始めていました。

私ともう一人の友達は彼女らの感想を聞いて、他人事のように活動的で凄いなあと感心していました。

彼氏がいなく、出会いもないくせに合コンや街コンに行くのが嫌で一度も行った事はありませんが、その内早々に恋愛活動を始めた二人に彼氏が出来ました。

街コンで出会ったという人で、本当に彼氏ができるんだと感心していました。

しかし、どんなにその話を聞いても自分ではその様な会に参加したいと思えず、友達からの合コンの誘いも断っていました。

まず自分の「人から好意を持たれると、その人の事が大嫌いになる」という意識を変えなくては彼氏は出来ないだろうな。

将来自分に彼氏がいる事が全く想像ができない。と本気で思っていました。

でもいつかは現れると友達同士で励まし合い、最後は「早く好きな人できるといいねー」というセルフでお茶会は終わるのでした。

自分の趣味と合わない人になぜかモテる

6年前に語学留学の為、単身オーストラリアへ渡りました。

初めの3ヶ月は学校に通い、その後ある程度英語が理解できる様になったという事で、1ヶ月間バックパッカー生活をしながら一人で旅をしていました。

その時1週間程泊まった安い宿には多くの若者が同じ様に一人でバックパッカー生活をしながら泊まっていました。

食事の時にはヨーロピアン、カナダ人、アジア人と多国籍の若者が広間に集まって会話をしたりDVDを観たり、お酒を飲んだりと楽しんでいて、ある男の子にDVDを観ようと誘われたのでそこら辺に居た人達と映画を観はじめました。

ところがこの映画正直全く面白くない、自分では絶対に選ばない様な作品でした。

もう初めの10分程で部屋に帰りたくなったのですが、ここは日本人。

義理だか人情だかで残り、最後まで観てしまいました。

そこで趣味が合うと思われたのか、このDVDを観ようと誘ってくれた男の子からやけに気に入られ、SNSの連絡先の交換を求められ、自分もオーストラリアを一人で周っているから一緒に旅をしようと言われました。

その時断る理由がとっさに思い浮かばなく、後で返事をすると一旦部屋に戻りました。

女の子ならまだともかく、こんな会ったばっかりで趣味も全く合わず、話も弾んでいたわけでもない人と二人で旅なんてしたくないなと思い、近々、親が来るから空港に迎えに行かなくちゃいけないと理由をつけて断りました。

一人で旅してる時もメッセージや、電話が何度もかかってきたりして少し嫌だなと思っていました。

そしてそこから、数週間が経ち、日本へ帰る日、空港で見覚えのある横顔を見かけました。

びっくりして思わず逃げてしまいましたが、これはある意味すごいなと思いました。

その男の子が目の前を通り過ぎるのが見えました。

この奇跡の再会が自分の好きな人だったらどんなに運命を感じていたか!!!と思いましたが、声をかけずに隠れてしまった私は今後素敵な恋が訪れるのだろうか?と心から思いました。

友達と彼氏の違いが分からない

もう25歳。

ついに私にも彼氏ができました。

きっかけは友達と四国へ旅行に行った時、同じ宿に泊まっていた人が偶然同じ出身地で、学生時代に聴いていた音楽が同じという事で話が盛り上がり、そこから仲良くなり、初めての恋愛に発展し、お付き合いをすることになりました。

しかし、俗に言う自然な流れで付き合いました、という感じなのか、告白もされないまま遊ぶ時間が増えた、という事だったので、今まで付き合ったことのない私にとっては、これは付き合っているていう事なのか?と半信半疑で3ヶ月が過ぎていました。

でも、確認するのも怖いし、まあいいかと思っていたところ、そのうち彼が将来の事について話し始めました。

子供は欲しいかだとか家の話だとか。

それを聞いていた私は、へぇーこの人はこんな人生設計をしているのかぁ、と他人事のように聞いていました。

そして、そのタイミングで私は、「そういえば私たちって付き合ってるの?」と聞いてみました。

彼は100%の驚きで「え!?」と言いました。

君との将来を話していたんだ、と。

私は半分他人事で半分自分達の事なのかなと聞いていたのですが、ここで私はこの人と付き合っているのか。

と確信しました。

まだまだ恋愛は難しいです。

これは第二のモテ期?

先日、仕事を辞め、次に転職先を探す前に少し短期のアルバイトをしようと思い近くの工場へ働きに行きました。

最近、外国人労働者が増え、この工場では会社の半分くらいの割合で外国人労働者が働いていました。

しかし、外国人労働者が多いからといって日本人が英語を話せるかといったら、殆どの日本人が英語を話せません。

外国の方も日本語がある程度話せる人もいれば、全く日本語が分からない人もいました。

そんな中どうやって分かったのか、私が英語が少し分かるという事が外国人労働者の中で伝わり、休憩時間中などに話しかけられる事が増えました。

普通に話しているだけなのに英語がわかるからという理由で君はフレンドリーだね!と言わたり、今日はかわいいねなどと言われたり、ラインの交換を迫られたりしました。

これは第二のモテ期か?と思いましたが、唯一英語が話せる日本人という事で珍しがられたのか?と思いながら笑いながら話していましたが、最近私の友達で外国人と付き合ってみたいという子がいるので、それならここで働いてごらんと思わず勧めたくなりました。

日本に住んでいるっていう事は日本が好きだし、少なくても日本語を勉強しているだろうから、外国人と出会いたいという人は本当にオススメの場所だなと思いました。

彼氏いない歴=自分の歳

20代後半でも、彼氏いない歴=自分の歳という日本人女性は結構います。

断言します。

なぜなら私も、私の周りの友達もそうだったから。

そんな中でも焦らず、特に好きな人でなければ告白されても断るという私の行動は、私自身にもストレスもなく、結果的に良かったなと思います。

周囲の結婚、出産ラッシュにも動じず、出会いは遅かったけれど自分のペースで好きな人と恋愛が出来て良かったなと思います。

もちろん恋愛活動をして出会いの場で彼氏を見つけられる人もいる。

人それぞれだけど、私は私という意識で周りに影響されず、気取らず自分らしく、そうした中でいい出会いがあれば最高に幸せだなと思います。

年齢を気にしたり、職業を気にしたり、貯金を気にしたり、そんな中で出会いを求めたら恋愛が出来なくなってしまいます。

でも付き合ってみてからそういった面が自分とは合わなかったという事もあると思います。

お互いに信頼し合える人を見つけるのって奇跡に近い事だと思います。

なので、そんなに直ぐに見つかるものだと思わず気楽に将来のパートナーを見つける事も大切だと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
良かったら下の「ブログ村」を押して頂いたら、私の励みになります♪
宜しくお願い致します。
恋愛・婚活ブログへ

人気ブログランキング
恋愛
まとめ見をフォローする
【恋愛・婚活ブログ】今ドキの婚活事情