ダメ男と上手な別れ方

恋愛
マスクdeお見合い

私は現在、大学生です。

これまで付き合った男が全員クズで、本当に男運が悪いです。

今回は、過去に付き合った最低もはや人間じゃない男の話について書きたいと思います。

ゴミ以下のクズ男との出会い

私は当時カフェでバイトしていました。

そこによく来る男がいたのですが(クズ男)、常連さんだったこともあり、目が合うと挨拶するようになりました。

するとある日、バイトから帰ろうとすると 彼がカフェの外にいたんです。

それで私に「話せないかなと思って」と言って近寄ってきました。

え、何・・?と思いましたが、話しているうちにあ、いい人そう・・と思った事が仲良くなったことがきっかけです。

そこから彼がお店に来た日は、お客さんが少ないときは一言二言話すようになりました。

話してみると、その男はとても面白くて、優しくて、徐々に警戒心もなくなっていきました。

そして、そこから休日に2人で遊びにいくようになったんです。

クズ男と付き合っていた頃の話

そうしてしばらくすると、彼から告白され、私も彼の顔や性格がタイプだったのでOKしました。

そこから家に遊びに来ない?と言われ、よく彼の家に行くようになったんです。

最初こそ気を使ったりしていましたが、何となくお互い性格が似ていたこともあって、一緒にいると落ち着きました。

私は彼といるのが楽しくてしょうがなくて、いつの間にか昼夜問わず、暇さえあれば彼の家に遊びにいくようになっていました。

彼も私の家に暇さえあれば来ているという感じで、そのまったりした空間から私は、こういう人と結婚できたらいいのになぁと思っていました。

それくらい彼には心を許していて、将来を考えても良いかもと思っていたんです。

そして、彼も同じ気持ちだと思っていました。

クズ男の様子が変だと思い始めた頃

幸せの絶頂に私がいた頃、彼の行動がおかしいなと思うようになったんです。

それは私が彼と一緒に部屋にいたとき、彼のスマホが鳴って、いつもは部屋で電話をするのに、その日は外で電話していました。

何?と思って、玄関の扉に顔を近づけると、彼が電話でめちゃくちゃキレていたんです。

誰と話してるかは分からなかったのですが、とりあえずいつもの穏やかな彼からは想像もできない感じで怒っていて、何があったんだろうと思っていました。

でも、追及しないでいると、しばらくして次の休みやっぱり遊べなくなったと言うんです。

それで私が、部屋にならいっても良いよね?というと、男友達を呼ぶからダメと言われたんです。

今までなら、逆に来る?という感じだったので、なんか隠し事してるなと思ってました。

クズ男の悪事を目撃した日

次の遊ぶ約束がなくなった私は、友達とその日遊ぶことにしました。

友達のリクエストで、少し遠出することになり、始発に乗ろうとしていました。

月額 イラスト

友達とは駅で待ち合わせをしていたのですが、その後駅のホームに行った時、反対側に彼氏がいたような気がしたんです。

それでパッと振り返ると、反対側のホームに彼氏と女の子が一緒にいました。

私はなぜか友達の手を引っ張って、階段を下りて隠れてしまいました。

どうしたの?という友達に状況を説明すると、友達もえ・・・やば・・と言っていました。

もう私は旅行どころじゃなくなって、始発に一緒にいたってことは、泊まり?浮気だよね?と色々考えてしまっていました。

結局友達に悪いと思い、その日は遊んだのですが全く会話が入ってこなかったです。

クズ男に問い詰めた結果

次に彼にあったとき、私は中々言い出せずにいました。

でもどうしたの?と聞かれたので、この前朝のホームで見かけたんだけど・・・と軽くいってみる事にしました。

すると彼の顔が、あからさまに動揺してて、本当に絵にかいたような動揺の仕方で、逆に笑えてきました。

その反応で黒だな、と思った私は、相手の女性の事をきくと、驚きの返事が返ってきたんです。

実はあの女性は前の彼女で、彼が私に告白したときまだ付き合っていたと彼が言ったんです。

でも私と付き合いはじめて、前の彼女を捨てたような感じで放置していて、でも前の彼女が諦めきれず、何度も電話をかけてきていたのでキレていた、と言ったんです。

でも、会ってほしいというので、2日間だけ一緒にいた、とか言うんです。

こいつやべーなと思いました。

さらば!クズ男。

その話を聞いて、そんな事するこいつは絶対私の事もいつか捨てるだろ、と思ったので、私はここで別れることを決意しました。

すると彼のほうもあっさり、分かったと答えました。少しくらいしぶれよ!と内心思ったこともあって、彼への気持ちが一気になくなりました。

こんな人だったんだと思うと、本当にサーっと気持ちが離れたんです。

最後は汚物でも見るような目で、私は彼の事を見ていました。

もうこんなやつ忘れようと思っていた矢先、そこから一週間もたたない間に、また彼から連絡が来たんです。

無視していると、なんと私のバイト先にまで来ていて、寒気がしました。

理由を聞くとやっぱり○○が良い、と言われ、お前どんだけ自己中なんだよと本気で思いました。

クズ男のまとめ

私は適当に言って恨まれたら怖いな、と思ったので、来月になったらまた付き合ってもいいよと言いました。

そして次の月までにバイトをやめ、しばらく、友達の家に居候させてもらって姿をくらまし縁を切りました。

その男性は話すとすごく優しくて、穏やかな感じだったので、本当にこんな性格だったことに驚きました。

私は付き合った男性とは大抵何かあるので、その時も自分の男運の悪さに悲しくなりますが、クズ男と別れられてよかったです。

コメント