アラサー男が婚活前に過去の恋愛を振り返る。

恋愛
この記事は約6分で読めます。

私はアラサーを控えた男性です。

現在はアパレルの世界で働いています。

これは私が20代前半に経験した恋愛体験で今でも忘れられない恋愛でした。

彼女はとても優しくいつも笑顔でとにかく私の利用的な彼女だと信じていました。

全てのきっかけはバイト先

私と彼女の出会いのきっかけは当時私がやっていた飲食のバイトでした。

元々私は深夜帯で働いていた人間で他の時間帯の人と被る事がなく客足も多くない為、黙々と2-3人体制で働くような感じでした。

よく他の時間帯の人たちは一緒に遊びに行ってしている光景は見ていたのですが、私は3年か働いていて1度もありませんでした。

正直専門学校も通っていたこともあり働くだけで精一杯でした。

しかし、その仲良くなりすぎてなかったせいか、『君にはとれーなーとしてお店で新人の指導をしてもらおうと思っている』と言われ新人指導の業務も任されるようになりました。

私も断る理由がなかった為受け入れる事にしました。

専門学校も卒業し就職も考えたのですが、色々とまだやりたい事があったのでそのまま引き続きバイト先でお世話になる事にしました。

卒業後半年くらいが過ぎようとしていた時に当時まだ入りたてのある女の子と出会う事になるのです。

その子が元彼女となる子でした。

突然の出会いと共通点

ある日、そのバイト先で大きなイベントが開かれました。

それは1日バイト先をお休みにしてみんなでボーリング大会&飲み会。

実はそのイベントは年に1回は必ず開かれいてるイベントなのですが、私は今まで1度も参加した事がなく、初参加という事で周りの人もやっと参加してくれると喜んでくれた為、私もとても楽しみで会場に向かいました。

基本的に深夜は仲の良い男達ばかりだったのですが、1度も外で遊ぶ事ができなかったので、一緒にチームになり意気込んでいました。

すると、一人の女の子がうちのチームに振り分けられたのです。

5人男子で1人だけ女の子。

しかも、長く働いている私でも知らない子でした。

私は『男性陣で盛り上がっちゃってごめんね。

俺たちのチームで大丈夫?』と聞くと笑顔で『全然大丈夫です!よろしくお願いします!』と元気よく言われその目があまりにもピュア過ぎて、可愛らしい子だなとその瞬間に思いました。

彼女も一緒に同じチームで楽しんでくれたようでそのボーリング終え帰って行きました。

数日後のバイト先で打ち解ける

数日後、初めての早朝からのバイトが入り、私は朝からお店へ入る事に。

朝は大体2人体制なのですが、急なスケジュール変更だったので誰と一緒に働くのかは知らずにもう一人が来るのを待っていました。

そして、来たのがあの女の子だったのです。

彼女はいつものように元気よく挨拶と共に現れ『先日はボーリング楽しかったです!ありがとうございました』と言われ凄くしっかりしている子だなという印象でした。

私は『今っていくつなの?』と聞くと彼女が答えました『18でもうすぐ高校卒業します。

』私は当時24だったのですが、随分と大人っぽくてしっかりしていると改めて思いました。

そこから二人だけで仕事が始まったのですが、実はお互いに音楽やファッション、旅行が趣味という共通点が見つかり仲良くなるのに時間はかかりませんでした。

その日だけでは話足りなかったので、連絡先を交換してまた連絡を取り合う事にしました。

その時は、良い友達が出来た程度でした。

クリスマス当日のキャンセル

その後は、1度一緒に気になるお店に行ってご飯を食べ色々と話たりしました。

私はバイトとは別に新しい仕事を始めたばかりで少しづつ忙しくなっていたので、なかなか連絡が取れなく遊びに行くことも出来ていませんでした。

2回目に誘ったのはクリスマス当日でした。

その日は偶然休みで元々男友達とクリスマスパーティーをする予定だったのですが、まさかのキャンセルとなってしまい時間ができてしまったのです。

そこで私は彼女と以前買い物に出かけようと話をしていたのを思い出し連絡をしてみる事に。

クリスマス当日に誘うなんてカップルでもないの何を考えているんだろうと思いながらも駄目元で連絡しました。

彼女から『その日は家族でご飯でも食べに行こうと考えていたんですけど、全然良いですよ!』と返答が返って来ました。

続けて『別に家族とはよく出かけてるし、別に彼氏とかもいないんで笑』とすんなりお買い物へ出かける予定を立てました。

お互い特にクリスマスという事を気にせず買い物を楽しみました。

年が明けると共にお互いの気持ちを知る

年明け早々彼女から連絡がありました。

彼女は旅行好きで家族とハワイにいたのです。

私もハワイが大好きでお互いにテンションが上がり、やり取りをしていると彼女が急に浜辺に私の名前を書いて『大好き』と写真を送ってきたのです。

僕は可愛らしいなと思いながら『俺も好きだよ!』と降っていた雪に書いて送りました。

初めは本気なノリではないと思っていたのですが、お互い少しずつ気になり始めていのだと思います。

その後、ハワイから帰ってきた彼女と一緒に六本木で食事をする事に。

食事後は近くの森ビルの展望台へ行き一緒に夜景を眺めました。

そして、僕は彼女に『君に出会えてよかった』という事を伝えました。

続けて『もし良かったら付き合ってくれませんか?』ということも伝えると彼女も『私で良ければ付き合ってください』と相手も私の事を思っていてくれた事が本当に嬉しく思いました。

そこからは家も近かったこともあり週に1回は会っていたかと思います。

お互いの気持ちがあり続ける

彼女と付き合って1年と少しが経とうとした時に、私はどうしても今までずっと経験したかった留学を本気で考え始めていました。

その事を彼女に話すと急に泣き始め『それはどのくらいなの?会えなくなるんだよね?』と言われてしまいましたが、高校生の時からの夢だったので私自身もここで行っておかないと絶対に後悔すると思い始めてしまいました。

私は遠距離が出来れば良いけど会えもしないのに君を待たせるわけにもいかないし君の人生もあるから、と伝え別れようと伝えました。

そして、もし戻ってきた時にまたお互いが好きでいたら付き合えば良いんじゃないと伝え、私は海外へ留学する事に決めました。

結局1年間の予定でしたが延長をし2年間留学してその期間も連絡は取りあっていました。

特に、この2年間でお互い恋愛することはなかったのですが、また付き合うという事はせず仲の良い友達として一緒によく色々な場所に行ったりしています。

今まで付き合ってた間の短期間で少し近くにいすぎたのかもしれません。

彼女の存在が大きすぎる

私は普段あまり彼女を作ろうと思うことはないのですが、この時は本当に彼女の事が好きでずっと一緒にいたと思わせてくれる彼女でした。

もちろん2年以上が経つ今でも遊びに行く程度ならよく出かけます。

そして、留学してからは何人かの女性から告白されたのですがイマイチ付き合う気にはなれずすべて断ってしまっています。

それは基準が彼女だったからであり、彼女は僕にとって理想だったのだと今思います。

もう別れてからかなり経ちますが今だに彼女が欲しいと思いません。

もし誰かから告白してもらえたとしてもかなり慎重になってしまい、結局は友達止まりというのが目に見えてしまっています。

正直今の自分は恋愛に対してどうすれば良いのか悩んでいます。

彼女が欲しくなった時にどういう所を相手に求めれば良いのかなどが全くわかりません。

ただ、見た瞬間に気になる子は今までで彼女しかいなかったのであの時の感覚を忘れずにこれからも素敵な人と出会えるように頑張っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
良かったら下の「ブログ村」を押して頂いたら、私の励みになります♪
宜しくお願い致します。
恋愛・婚活ブログへ

人気ブログランキング
恋愛
まとめ見をフォローする
【恋愛・婚活ブログ】今ドキの婚活事情