恋愛につながる出会い方を教える!

恋愛
この記事は約6分で読めます。

現在は37歳の専業主婦をしております。

今の夫と巡り会うまでに、数えきれないほど…は言い過ぎですが、多くの男性と知り合いお付き合いしてきました。

歳を重ねる毎に恋愛で最初に悩むのが出会い方だったりします。

そこで、私が恋愛関係になった出会い方お教えしたいと思いますので参考にしてみて下さい。

同じオフィスや学校など

割とありがちではありますが、同じ会社の同僚や同じ学校の生徒とは恋愛に発展しやすいものです。

私が実感したのは、一日の大半を知らない間に一緒に過ごしているので、普段は意識していなくてもふとした瞬間に恋愛へと発展しやすいのです。

この出会いは、お互いに同じ環境で過ごしているので気を遣わなくても良いですし、見ている世界が似ているので会話にも困りません。

同じ様なタイミングで悩んだり喜んだりと感情を共感しやすいのもあり、いつの間にか深い絆が生まれているパターンが多くあります。

毎日顔を合わせていると馴れ合いの関係になり、男女の関係にはならないのでは?

と思うかもしれませんが、馴れ合いだからこそ相手の知らなかった一面が見えた時にドキッとし、恋愛に発展しやすいのです。

細かい変化に気づけるのも同じ環境に居るからこそといえます。

本当に漫画やドラマの様ですが、同僚とたまたま手が触れたのがきっかけで意識しだして、恋愛に繋がる可能性も大いにあり得るのです。

出会いの場は合コン

昔はコンパという言い方のほうが多かったかもしれませんが、いつの時代も男女が仲良くなる目的で集まる合コンは出会いの場として定番です。

たまたま参加した合コンで一目惚れをして、そのままデートをすることになり、流れで恋愛に発展し、お付き合いすることになった!という話は珍しくありません。

出会いの場と考えると堅苦しくなりますが、合コンの場合は「今回は良い人が居ないわ」とい思った瞬間に一次会で帰ろう~と簡単に思える位に楽な出会いの場なので、男女が気軽に品定めをできるというメリットがあります。

恋愛対象ではなかったけれど、凄く気の合う友達が見つかった!という報告も多く、色んな意味で今まで出会わなかった人と出会うことができる新鮮な場だと思います。

実際に私も合コンでお互いに一目惚れをしてしまい、その場で連絡先を交換して付き合うことになったので、当時は参加して良かったと思いました。

最近まで恋人が居たんだけれど…と別れてすぐの男女も多かったりするので、次のを見つけやすい場の一つといえます。

とにかく多くの人と出会えるインターネット

昔こそインターネットで出会うなんて危険!と言われていましたが、今では多くの人と出会える貴重なツールという認識で、日常生活ではなかなか出会いが無いという方々にとって頼もしい出会いの場になっています。

仕事が忙しくてメールを打つのが精一杯という方でも、インターネットを使えば24時間いつでもどこでも出会いを探すことができるのです。

最近はアプリも増えていますが、私も何度か利用して全く会ったことの無い方とお茶をして、気が合った人とはお付き合いもしたことがあります。

危険という観念が取れないから怖いという人も多いのですが、危険と感じているのは意外とお互いに…なので、最初は男女関係なく警戒心たっぷりで会っていたりもします。

それでも普段からネットの中で沢山会話をしてお互いを知っているので、一度打ち解けると一気に仲良くなることができるのです。

実際に会う前からメールやメッセージなどで話しておけるので、コミュニケーションは比較的取りやすい出会いの場といえます。

ナンパや逆ナンもあり

最近は草食系男子が増えているのでナンパ自体は減っているかもしれませんが、今でも出会いの方法としては根強く残っています。

昔こそ繁華街を歩いていれば男性が声を掛けてきて、そのままノリが合えば飲みに行く~という流れがあったのですが、ここ最近は道端での声掛けではなく、立ち飲みバーなどのお店でナンパというのが主流なようです。

お酒も入っているし、店内はどことなく薄暗いので草食系の男性でも勇気を出して声を掛けることができるというわけです。

ナンパはイコール男性から女性に…というイメージが強いのですが、最近は女性から男性に声を掛ける逆ナンも増えています。

私の場合はある立ち飲みバーで会社帰りに一人で飲んでいたのですが、凄く好みの男性を発見してしまい、思わず「一緒に飲みませんか?」と声を掛けて、そのまま意気投合して二件目まで一緒に飲みましたよ。

それからも連絡を取り合ってよく飲みに行く仲になり、いつの間にか恋愛に発展したのです。

出会いもゲットできる習い事

自分のスキルを高めたり、新しく何かを取得するのが目的で始める習い事なのですが、実は出会いの場としても十分おすすめできるのです。

皆同じ目的を持っているというのが大きなポイントで、感性の一部が似ている男女が多く、少し話しただけで「この人合うかも」と思う率が非常に高いのです。

自分の好きなことが学べるという延長に出会いがあるので、楽しみながら距離を縮める方が多く、学びと恋愛を同時進行させるパターンも少なくありません。

私の場合は会社帰りのスポーツジムだったのですが、いつも同じ時間帯に運動をしている男性と店の入り口でバッタリと会うことが多く「こんばんは~」と挨拶をする流れで仲良くなりました。

ジムのスタート時間を合わせるのはお互いの仕事の状況で変わってくるので難しかったのですが、ジムのあがる時間を決めてジム終わりにご飯に行くというデートをしていました。

妙に健康的な出会い方で、ジムで運動をしている間も楽しかったのを憶えています。

同窓会と結婚式は出会いの場

面倒と思わずに同窓会や結婚式は参加してみよう!

ある程度の年齢になると友人や知人の結婚式が増えてきたり、同窓会に呼ばれたりとちょっと面倒だと感じる御呼ばれがあります。

特にあまり親しくなかった人の結婚式は行きたくないと断る方も沢山居ます。

確かに同じ職場だから、単に先輩だから…という中途半端な間柄だと気乗りはしないものです。

失礼ながら「祝う」という意味では面倒な結婚式も「出会いの場」の一つと考えるとチャンスになります。

あくまでも私の例ですが、そこまで仲良くのない先輩から結婚式に呼ばれてしまい、最初は断る気でいたのですが、他の友人も渋々行くということで自分だけ断ることもできずに参加したことがありました。

参加するとなるとやはりそれなりに綺麗な格好をするのですが、それが良かったのか同じく先輩の結婚式に参加していた先輩の友人から声を掛けられて付き合うことになったのです。

普段より綺麗なのは当たり前なのですが、普段より華やかに見えたらしくやたらと褒めてもらえました。

二割増しの自分で出会えるので、恋愛にも発展しやすいのです

同窓会も同じで、参加するとなると普段より綺麗目の格好で行くのでお互いに意識しやすいのです。

結婚出来ないと嘆く前に

もういい年齢だしそろそろ結婚もしたい…その前に恋人が欲しい!と嘆いている方が多いのですが、まずは出会わない恋愛は始まりません。

ところが、そもそも出会い方が分からないとか、出会う時間がないなどで会う前の段階で悩んでいる方が本当に多いのです。

まずは同じ会社や同じ学校、毎日乗る電車やバスなど日常生活の中をじっくりと観察して、いつもとは違う角度から見てみましょう。

そこで「あれ?」と気づくことがあるかもしれません。

それでも日常生活の中ではどう考えても出会えないのであれば、習い事を始めてみたり、普段は行かないバーに行ってみたり、インターネットから繋がってみるのも良いと思います。

毎回面倒だな…と思う結婚式や同窓会にも敢えて「出会い」という目的で参加してみるのも良いでしょう。

出会いが無い」と嘆く前に、まずは自分から行動してみることが思わぬ出会いに繋がるものです。

今まで避けていた場所にこそ出会いがあるかもしれないので、勇気を出して色んな人と出会ってほしいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
良かったら下の「ブログ村」を押して頂いたら、私の励みになります♪
宜しくお願い致します。
恋愛・婚活ブログへ

人気ブログランキング
恋愛
まとめ見をフォローする
【恋愛・婚活ブログ】今ドキの婚活事情