アラフォー主婦の忘れなれない、大好きな大好きな人②

恋愛

高校を卒業して大学生になった 19歳のわたし②

みんなで遊んだあとも、彼は連絡をくれました。

 

しかし、そのときに彼から、

「君とは付き合えない」

と言われたのです。。。

 

出会いがナンパだったし、

まだ彼氏もできたこともないし、

私の片思いで十分

ただ目の前に理想の人に出会えただけでも

納得していたので

「わかった、いいよ、気にしないで。」

といって落ち込んでいるわたしを

察したのか、彼はなぜか

「これから連絡もするし、一緒に遊ぶから」

といってきました。

 

彼なりの優しさだったのでしょう。

 

これから、友だちとしてつきあっていく

ことになりました。

 

わたしは、彼に対しての思いを切り替えようと思い

長い髪をバッサリ切りました。

 

なんか、そしたら気持ちが軽くなりました。

 

その後も彼は変わらず、

連絡をくれて楽しくお話をしました。

 

そして、またみんなで遊ぶことになり、

約束をしていたときのことです。

 

彼の友達から電話がありました。

 

なんで、電話番号知っているのかなと思ったけど、

あーきっと彼が教えたんだなと思いました。

 

高校を卒業して大学生になった 19歳のわたし③

今まで憧れの彼としか話していなかったけど、

彼の友達も話してみると、

すごく優しい声で穏やかな口調だったので、

好きなった彼でもなくてもいいかなと

内心思ってしまいました。

 

それに、もう既にフラれていて、

友達状態であきらめていたので、

優しいこの彼の友達と

仲良くなれたらいいかもなぁ~と。

 

以前から、その友達のことは、

彼から前の彼女に裏切られたときいていたので、

いい人だろうなとは思っていました。

 

そして、電話を切ったあとすぐに

彼から電話がありました。

 

なぜか、気になったようで

なんて、言われたの?

と私の聞いてきました。

 

そして、私は正直に

今度、一緒に遊ぼうよ

って答えたのです。

 

それ以上は、聞いてきませんでした。

 

それから、また彼と一緒に遊ぶ日がきました。

 

今度は、彼はがなぜか彼のいとこをつれてきました。

 

私は、中学からの友達を連れて行きました。

 

いつも通り、四人でカラオケや飲みに行ったりと

楽しい時間を過ごしていたのです。

 

高校を卒業して大学生になった 19歳のわたし④

彼は、カラオケがとても上手でした。

 

すごい、パーフェクトに近い男だなと

心が揺らいでいる自分に気づきました。

 

しかし、頭の中で、だめだめ、

諦めなきゃという気持ちもありました。

 

私は、あまり音楽に興味がなかったので

カラオケで歌える曲を知らなかったのです。

 

私の友達と彼は歌が上手だし、

気も合っていたようです。

 

そして、居酒屋に行って四人で

飲むことになりました。

 

私は、酔うと声が大きくなり、

トイレが近くなるのです。

 

彼からは、怒られて「しゃべるな」と言われました。

彼の隣に座ってはいるものの、

彼は私の友達と話してばかり、

全く相手にされていない状態でした。

 

彼が私の友達の連絡先を聞いていたのを見たとき

あー、そういうことね。
わたしの友達を気に入ったんだな、と思い、

なんだかつらくなっている自分

お断りされたときに

友達として連絡も取るべきではなかったなと

後悔しました。

 

でも、そのとき同時に

違う気持ちもあったのも事実です。

 

私は、まだこの人のことが好きなんだと。

 

アラフォー主婦の忘れなれない、大好きな大好きな人③』へ続く…