関東のオフ会に大学生が行ってみた!

合コン・街コン
マスクdeお見合い

初めまして。芽衣と申します。

関東在住の20代女性です。

今回は、私が大学生の時に行ったオフ会での出来事について書こうと思います。

大学生の私がオフ会に参加した理由

私は大学4年生の頃、とあるオフ会に参加しました。

理由は2つあります。

1つ目は、就活が終わり時間に余裕ができたからです。

私は大学4年の夏前に希望の企業から内定を頂き、内定者アルバイトをしていました。

大学の授業はほとんどなく、残るは卒業論文だけでした。

アルバイトと論文の作成、この2つだけをこなす毎日が退屈で仕方ありませんでした。

ふと、インターネットでオフ会を調べると、そこには興味深いオフ会がたくさん紹介されていました。

そこで私は、興味本位でオフ会に参加することにしました。

2つ目は、恋愛がしたかったからです。

当時付き合っている人がおらず、とにかく恋愛がしたいと思っていました。

しかし、話下手な私は合コンに行く気にはなれませんでした。

でも、趣味に関するオフ会なら、話題に困らないはずと思い、参加を決意したのです。

①関東のオフ会

インターネットでオフ会参加の申し込みをして、いざ当日。

場所は、都内のビル内の1部屋でした。

オフ会の主催者がそのビルの1部屋を貸し切ってくれたのです。

部屋に入るとすぐ、主催者が明るく挨拶をしてくれました。

そしてすぐに受付に案内されます。

登録したニックネームを伝えると、番号が書かれたバッチ、参加者の名前と番号が印刷された紙と、連絡先交換のための用紙2枚が手渡されました。

そして荷物置き場に荷物を置き、空いてる席に座ります。

参加者は全員で30人程度でした。

多すぎず、少なすぎず、丁度いい印象でした。

オフ会が始まるまで、席が近くの人と談笑して過ごしました。

大学生は私が1人で、他の人はみんな社会人でした。

年上の人ばかりだったので、会話をリードしてくれてれて助かりました。

楽しい談笑も終わり、そして、オフ会がスタートしました。

②趣味オフ会のはずが、まるで合コンに・・・

今回、私が行ったオフ会は映画好きオフ会です。

主な会話は映画に関するものだと思っていましたが、違いました。

会話の内容は、まるで普通の合コンのように、住まいや年齢、仕事に関することでした。

たくさんの人とお話ししましたが、映画に関する話はあまりしませんでした。

しかし、話題に困ったときは私から映画の話を振れば会話が途切れないのでよかったと思います。

この会場では、各テーブルに分かれて6人程で会話をするため、数分経ったら席替えがあります。

いい印象の人は手元にあるカードにメモをします。

しかし、私はピンとくる人がいませんでした。

みんな話しやすいけれど、友達になりたいと思う程でもなく、まして、短時間の会話の中で恋愛感情も芽生えず、私は困っていました。

すると、次の席替えで素敵な出会いがありました。

人生初の一目惚れを合コンいや、オフ会で経験

最後の席替えで、私はひとめぼれをしました。

生まれて初めてひとめぼれを経験しました。

月額 イラスト

その人は、背が高く、肌もきれいで、顔立ちも整っていました。

話してみると、おしゃべり上手な人で、何度も笑ってしまいました。

もっと話したいと思いましたが、フリータイムになってしまいました。

フリータイムとは自由に、仲良くなった人と話す時間のことです。

私はその人が座った席にちゃっかり同行し、残りの時間もその人や周りの人と楽しく過ごしました。

そして、いよいよ最後のカード記入の時間です。

私は、その人宛に自分のラインIDとメッセージを記入しました。

そのカードは主催者が回収し、そのカードを宛先ごとに封筒に入れて、相手に渡してくれます。

私はその人から連絡があることを願い、会場を後にしました。

一目惚れ相手から連絡がきた!

帰りの電車の中で私は飛び跳ねました!

一目惚れした人から連絡がきたのです!

私は、すぐに返信しました。

なりゆきで、今度一緒にご飯に行くことになりました。

私は嬉しくてその日は寝付けませんでした。

ご飯に行く日まで、毎日その人とラインをしていました。

相手の仕事の休憩中や夜勤の暇な時間にもラインをしてくることがあり、最初はおしゃべりが好きなんだなと思っていました。

しかし、徐々に自分に気があるのではと思うようになりました。

そして、ご飯に行く日がきました。

場所は都内の居酒屋でした。

オフ会の感想や、印象的だった人の話をしたり、仕事の話をしたり、あっという間の3時間でした。

お互い次の日も仕事だったので、その日は1軒だけで済ませ、それぞれ帰りました。

急にラインの回数が減った理由

ご飯に行ったその後も、買い物に一緒に行ったり、他の人を交えて飲みに行ったりしました。

しかし、時間が経つにつれ、ラインの回数が減っていくのに気づきました。

確かに、出会った最初は連絡回数が異常に高かったので、通常と思えばよかったのですが、私は振られるのではないかと不安になりました。

たまにこちらから連絡してみても、会話がすぐに途切れてしまします。

なぜなのか、私には心当たりがありました。その人はオフ会で、他の女性からもアプローチを受けていたのです。

二人で買い物に行った日に、その人の携帯で動画を見ていました。

その時に、その女性からのラインの通知が画面に映りました。

その人は通知をすぐに消しましたが、私はメッセージの内容を見てしまったのです。メッセージには「今日の夜楽しみにしてるね」と書かれていたのです。。。

結局、オフ会合コンなんて

結局、その人とは徐々に連絡が取れなくなり、疎遠になりました。

私も、告白する度胸もなかったので、想いを伝えることはありませんでした。

 

しかし、今となっては、苦いけれどもいい思い出です。

私はその後、また同じ主催者が開いたオフ会に参加したところ、新たな出会いがありました。

それが今の恋人です。

もし、あの時、一目惚れした人と上手くいっていたら、今の恋人とは出会えませんでした。

失恋はつらいけれど、新たな出会いを呼ぶカギだったのだと思います。

コメント