アラサー女子の自分に合った婚活方法の見つける方法①

婚活

現在、31歳のアラサー女子です。

職業は士業、国家資格があるため、どこでも仕事をして生きていけますが、仕事柄の強さゆえか、就職と同時に全くモテなくなることで有名な職業です。

交際経験は夫を含め3人、前の2人は試験勉強中の付き合いだったため、一般的な「お付き合い」をあまりできなかったように思います。

婚活の甲斐があって28歳で現在の夫と知り合い、29歳のアラサーで婚姻、今に至ります。

婚活って色々あるけれど。

婚活について書かせて頂いていますが、婚活パーティー街コン合コンも、実は1回も行ったことがありません。

(正直、仕事柄、「○○さん、この前街コンにいたよね?」なんて言われたら辛い、というのもありました。)

私は、好きな婚活のやり方をすればいいと思います。

後で述べるように、私はひたすら、人の縁を頼って婚活していました。

最初は、最も親しい男友達にぐちぐちと愚痴り(彼には結婚前提の彼女がいたため)、「こいつなら信頼できるから」という友人を紹介してもらい、3人で遊びに行ったりしました。

私が違う職業だったら、街コンは行ってみたかったな、と思います。

また、都会ではあるという、「趣味で集まる婚活」は、とても興味があったので、地元では開催されていないことが非常に残念でした。

とはいえ、職業柄地元密着型なので、東京やら大阪やらに出かけて婚活しても仕方ありません。

合コン婚活パーティーに行っても、職業を言えば引かれるのが目に見えていたので、行きませんでした。

婚活」の方法はいろいろ。

無理をすることはありません。

1人1人に合った「婚活」でいいんじゃないかな。

それが、一般的な婚活を避け続けて結婚した私の結論です。

なりふり構わず、とにかく口に出そう!

私が夫の前に付き合っていた彼氏と別れたのは、仕事に就いてすぐのことでした。

相手に信頼関係と安心感を求めるためか、自分が相手に不信感を持つと別れざるを得なくなっていました。

20歳をすぎて国家試験受験期間に初めて男性と交際したこともあり、「普通の恋愛」がどんなものなのかよくわからなかったですし、1~2年付き合って別れた人が2人いるだけでした。

しかし、自分が24歳の頃から大学時代の友人がどんどん結婚してゆき、職業が同じ女性であっても、「学生時代からの彼氏」と結婚

孤独死という言葉が流行っていた頃でもあり、「自分はこのまま結婚せず1人で死ぬのでは」と数年間悩みました。

他にも、友人のみならず兄弟にも「彼氏が欲しい」ではなく、「結婚したい」と恥ずかしげもなくオープンに言い続けていました。

私は男兄弟がいます。

兄弟が結婚した際、結婚祝いの内祝いを聞かれ「伴侶」と答えたくらい、オープンに結婚したいと言っていました。

流石に私の兄弟も不憫に思ったのか、同級生の兄弟を紹介してくれる、ということもありました。

自分の交友範囲が知れている場合、人を頼るのが一番です。

それが、家族や友人といった、信頼できる人ならなおさら。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
良かったら下の「ブログ村」を押して頂いたら、私の励みになります♪
宜しくお願い致します。
恋愛・婚活ブログへ
婚活
まとめ見をフォローする
恋愛と婚活のブログ-みんなの恋愛婚活事情