コミュ障のアラサーが婚活パーティーで成功!②

婚活パーティー

初めての婚活パーティー③

アラサーの私が初めて行った

婚活パーティーは木曜日でした。

 

木曜日は医療系の女性が多いです。

 

基本、お医者さん、歯医者さん、診療院と呼ばれる施設は木曜休みが多いです。

 

そんな日は「綺麗目な女性が多い」と

人から事前情報で教えていただいてました。

 

そんな事前情報を利用して、

私は始めから左隣に座っていた

綺麗な女性と仲良くなりました。

 

その女性は…

直感で理想に近しい医療系の女性だ!って思いました。

 

思っていた通り、

歯科助手の女性でした。

 

歯科系の女性は、

本当に綺麗な女性が多いです。

 

本当に話の仕方がうまくて

教育されてる感じがたまりません。

 

私も営業から何から何までやってきてるので

経験は多いですが、

彼女はかなり洗練されていて

大丈夫かなって感じたくらいです。

 

それでも彼女は

私と話していて最終的には

面白かった!と言ってくれました。

 

なぜならば、

「浜崎あゆみ」がお互い大好きだったのと

「ヒルクライム」が大好きだったと言う

共通の趣味が合ったので盛り上がりました。

 

初めての婚活パーティーでは、

そこまでは発展はないのかなーって

最後の女性までお話して疲れました。

 

初めての婚活パーティー④

初めての婚活パーティーで、

最後の女性まで話をしたところで

「もういいから帰りたい」って思ってしまいました。

MCから、何と!?

「最後はあなたが気に入った女性のところにいってください」と言う合図がありました。

 

そこで私は迷うことなく

「初めに隣に座った女性」のところにいきました。

 

「歯科助手のゆうちゃん」です。

 

そこで彼女は「社長さんだ!」って言ってくれました。

彼女のプロフィールを簡単にお話すると彼女はまだ24歳です。

 

私は36歳のアラサーです。

 

12歳年下の女性と話をしていても

お互い落ち着きます。

 

結構リラックスしてお話しました。

 

そこで、恥ずかしいけど、

何とか勇気を出してLINEを聞きました。

 

そして、時間がきてしまいました。

また他の女性のところへって言われたところで、

何も話すことなんてないので、

全然、気はのらないけど、

一応、移動。。。

 

そこから最終ステージです。

 

私は歯科助手のゆうちゃん24歳と

絶対に仲良くなってやる。

 

そんな意気込みで

お互いの意思表示の時間がきました。

 

そこで、シートには

彼女の番号と名前だけを書きました。

 

そして、運命の時間帯です。

 

なんと・・・お互いカップルになりました。

 

それはそれは、とても嬉しかったです!

 

だって、12歳も下の可愛い子ですよ?