競輪選手に恋をした結果

失恋
マスクdeお見合い

こんにちは。アラフォーで独身の女性です。

婚活活動をしていました。

最近さぼり気味です。

20代後半から数年付き合っていた彼についてのエピソードです。

合コンで出会った競輪選手の彼

彼とは合コンで出会いました。

私は当時週に一度ぐらい合コンに行っていて出会いがたくさんありました。

当時付き合っていた彼と別れて3カ月程たったので、再度合コンで出会いを探す事にしました。

色々な合コンに出かけました。

人気なのは歯医者、医者、一流企業勤務の男性でした。

そんな時、競輪選手が来る合コンに参加することになりました。

お酒の勢いもあり、彼の顔がタイプだったため、自分から好きだといった様です。

その後彼と付き合い始めました。

彼は可愛らしい顔でしたが、気が強く仕事はまじめで頑張っていました。

可愛い顔なので、よく可愛いことを言って私を笑わせてくれました。

彼の仕事は勝負の世界で成績が第一です。

成績が良くなければ引退しないといけません。

特殊な職業の彼、競輪選手の彼

初めて競輪選手の彼ができました。

彼は競輪選手という特殊な職業で、試合の前は日曜日であっても練習を欠かさず、練習しなければなりません。

そんな彼と会うのはやはり夜でした。

昼間はほぼ毎日練習をしているか、遠征に出かけていて日本中を周っていました。

映画が好きでよく映画デートをしました。

食事に出かけたり、コーヒもお互い好きだったので出かけました。

それ以外は、彼が車が大好きだったので良くドライブデートにも出かけました。

結局彼とは一年足らずで一度別れてしまいますが、なかなか別れられなくて、何度か復縁を繰り返しました。

やっぱり頑張ってる彼を応援したくなり、そんな理由も彼となかなか別れられなかった原因かもしれません。

頑張って練習してても成績が上がらない

彼と付き合っていて彼がすごく練習を頑張っているのを感じました。

競輪の世界は厳しく成績が悪くなってしまうと失業してしまいます。

勝負の世界でやはり強い人もいれば弱い人もいます。

彼は結構頭がいい高校に行って頭脳派でしたが、大学に行かず競輪選手になりました。

ただ競輪選手としては有名ではなく普通の上ぐらいのレベルを保っていました。

彼はやはり一番になりたい、目立ちたがり屋の性格なのですが、成績がイマイチ伸びないため悩んでいました。

そればかりは能力や実力などの世界で、どんなに頑張っても仕方がないのですが、彼は悩み、そしてどうにかして成績を浴しようと毎日練習を欠かしません。

私はそんな彼をとても尊敬していました。

なかなか一軍に上がれない彼

彼はなかなか競輪選手で言う一軍に上がれませんでした。一軍へ行くのは限られた強い選手のみで、野球などと同じで選手全員が上がれるわけではありませんでした。

月額 イラスト

彼の友達は一軍の人が多く、いつも一緒に練習をしていました。

そんな頑張っている彼でしたがやはり私が付き合っている時期には一軍に上がることはできませんでした。

今は見ていないのでわかりませんが、おそらく負けず嫌いの彼は今も現役で頑張って練習していると思います。

一軍に上がれない彼は、仕事で満足できず、結婚もあまり考えていない様でした。

それでも頑張って2年程は付き合っていました。

勝負の世界は厳しいということがわかりました。

私は普通の事務員だったので、彼は違った世界の人の様でした。

彼との別れを決断する

彼とは一年ぐらい付き合った後、別れを告げられました。

それはなかなか成績も上がらないし、彼はおそらく長く付き合ったことがないようなタイプでした。

私は未練たらたらなタイプだったので別れるのが嫌で2度、3度と別れても、復縁を希望し復縁をしました。

2年ぐらいたってやっぱり上手くいかないので本当に分かれることにしました。

彼は恋愛よりもまず仕事で成功しないと結婚もする気がないと感じたからです。

結婚はタイミングと言いますが、まさにそんな感じでした。

私は結婚適齢期で結婚したかったのですが、彼はその時まだ結婚適齢期ではなかったのです。

彼はまず仕事で目標型制してから結婚したいと私に言いました。

それで私にそれまで待てるのか聞いてきました。

別れた彼ですが今はいい思い出

結局私はいつまで彼を待てばいいのか分からなかったし、彼もきっと今の状態ではすぐ結婚できないと感じ、お互いに悩みましたが別れることにしました。

彼はきっと適齢期の私とずっと付き合っていては、私がこのままずっと結婚できないと気遣ってくれたのかもしれません。

そんな彼の優しさはその時は感じませんでしたが、今思うと彼は私を気遣っていてくれたのかもしれません。

彼とは別れたり戻ったりしながら2年程長く付き合っていました。

彼の職魚が特殊で、結婚に向かなかったのも事実です。

ただ恋愛はどの恋愛も時間がたつといい思い出になります。

競輪選手との恋も私の中で今はいい思い出になっています。

彼もきっと今頑張って仕事をしていると思います。

まとめ

今思い出すと恋愛は失恋してしまってもいい思い出です。

当時は泣いて泣いて悲しんで死にそうでしたが、10年もたつといい思い出に代わります。

そう思うと恋愛はしないよりもしたほうがいいのではないかと感じます。

誰かを好きになり、愛することはいいことですし、また愛されることもいいことです。

何事も経験しないとだめですね。

これから長い人生一人では寂しいので、パートナーを見つけましょう。

一緒に笑ったり、楽しんだり悲しんだりできる人は必要です。

コメント